月別アーカイブ: 2017年2月

カメラが必要な場所

防犯のために監視カメラを設置したいと思っても、どこにどれだけ必要かわからないという人も多いでしょう。具体的にはどのような場所に設置すれば良いのでしょうか。

空き巣などの撃退に使いたい場合、玄関に設置しようと考える人が多いでしょう。もちろん間違いではありませんが、窓や勝手口などが人目に付きにくい場所にある場合はそちらにも設置する必要があります。駐車場であれば駐車場全体が映る場所になります。大切なのは目立つように設置するということです。カメラは犯人を捕まえるためではなく、犯罪を防ぐために使うという意味が大きいものです。空き巣や不審者が気付かない場所にあっても効果は弱くなります。逆に言えば、目立つのであればダミーでも効果があるということです。変質者などには特に効果が高いので、通り沿いの目立つ場所に設置すると良いでしょう。どこに設置するのが効果的かというのはそれぞれ違うので、目的を決めたら業者に見てもらうのが一番です。

家の中にカメラを設置するというケースもあります。これは防犯ではなく、留守中のペットや子供、認知症の家族などの安全を確認するための目的です。スマートフォンで映像を見られるタイプのカメラであれば、何かあればすぐに駆けつけることもできます。

参照サイト〈監視カメラの録画サービスを提供している アロバビュー
スマートフォンから映像の確認ができるサービスがあります。

監視カメラの性能

昔の監視カメラは値段が高く、性能もそこまで良くはありませんでした。現在では手頃な値段で最低限の機能を備えた物から、値段が張る代わりに驚くほど高性能な物まであります。

値段が安くなったのはカメラ本体のコストが下がったということもありますが、設置費用が抑えられるようになったというのも大きな理由です。昔は配線が複雑で工事が大変だったこともあり、本体より設置費用の方が高いということもありました。現在はどこにでも簡単に設置できる物が増えたため、費用もそうですが場所を選ばなくなり利便性が増しています。

映像の画質が良くなったことはもちろん、製品によっては音も鮮明に記録できる他、映像を記録するのが簡単になりました。以前はVHSなどを利用していたため連続して記録できなかったり交換する手間が必要でしたが、現在では記録媒体も大容量になっています。中には自分のスマートフォンを使って映像が見られる製品もあり、より手軽に記録や確認ができるようになったと言えます。

他にも夜間も撮影できる赤外線カメラや360°全て記録できるカメラなど、場所や用途に合わせた性能を持ったカメラが多数あります。本物のカメラとダミーカメラの組み合わせでより防犯効果を上げる方法もあり、費用対効果はどんどん高くなっています。

監視カメラの役割

一般の人でも誰でも知っている有名なセキュリティツールの一つに監視カメラがあります。会社や店舗、公共の場所などで見かけることは多いですが、監視カメラを設置している一般家庭は決して多くはありません。とはいえ一般家庭に必要ないというわけではなく、特に財産があるわけでもないという家庭では、出費に見合うだけの役割はないという理由で設置していないというのがほとんどでしょう。

監視カメラの役割といってまず思い浮かぶのは空き巣や強盗などを防ぐ用途です。外から見える位置にカメラがあれば、わざわざその家を選んで泥棒に入るということはないでしょう。万が一入られてしまっても、カメラの映像は犯人逮捕のための重要な証拠になります。泥棒だけでなく無断駐車や不法投棄、ゴミのポイ捨てなどを防いだり犯人を特定するという目的で使うこともできます。

そこにカメラがあるということをアピールするだけでも効果がある場合もあります。泥棒や無断駐車などももちろんですが、その他の目的を持った不審者を遠ざける役割もあります。女性や子供が住んでいる家の周りでは、下着泥棒や変質者などが機会をうかがっていることもあります。実際にカメラがあれば、近所の人以外に頻繁に映る人を警戒できますし、ダミーのカメラであっても本物だと思えば不審者は避けます。

自分や家族が安心して暮らすために多くの役割を担っている監視カメラですが、昔とは違い最近では一般家庭でも手が出る値段になってきました。最近の監視カメラの性能や設置の必要がある場所などの参考になる情報を紹介します。