監視カメラの役割

一般の人でも誰でも知っている有名なセキュリティツールの一つに監視カメラがあります。会社や店舗、公共の場所などで見かけることは多いですが、監視カメラを設置している一般家庭は決して多くはありません。とはいえ一般家庭に必要ないというわけではなく、特に財産があるわけでもないという家庭では、出費に見合うだけの役割はないという理由で設置していないというのがほとんどでしょう。

監視カメラの役割といってまず思い浮かぶのは空き巣や強盗などを防ぐ用途です。外から見える位置にカメラがあれば、わざわざその家を選んで泥棒に入るということはないでしょう。万が一入られてしまっても、カメラの映像は犯人逮捕のための重要な証拠になります。泥棒だけでなく無断駐車や不法投棄、ゴミのポイ捨てなどを防いだり犯人を特定するという目的で使うこともできます。

そこにカメラがあるということをアピールするだけでも効果がある場合もあります。泥棒や無断駐車などももちろんですが、その他の目的を持った不審者を遠ざける役割もあります。女性や子供が住んでいる家の周りでは、下着泥棒や変質者などが機会をうかがっていることもあります。実際にカメラがあれば、近所の人以外に頻繁に映る人を警戒できますし、ダミーのカメラであっても本物だと思えば不審者は避けます。

自分や家族が安心して暮らすために多くの役割を担っている監視カメラですが、昔とは違い最近では一般家庭でも手が出る値段になってきました。最近の監視カメラの性能や設置の必要がある場所などの参考になる情報を紹介します。