カメラが必要な場所

防犯のために監視カメラを設置したいと思っても、どこにどれだけ必要かわからないという人も多いでしょう。具体的にはどのような場所に設置すれば良いのでしょうか。

空き巣などの撃退に使いたい場合、玄関に設置しようと考える人が多いでしょう。もちろん間違いではありませんが、窓や勝手口などが人目に付きにくい場所にある場合はそちらにも設置する必要があります。駐車場であれば駐車場全体が映る場所になります。大切なのは目立つように設置するということです。カメラは犯人を捕まえるためではなく、犯罪を防ぐために使うという意味が大きいものです。空き巣や不審者が気付かない場所にあっても効果は弱くなります。逆に言えば、目立つのであればダミーでも効果があるということです。変質者などには特に効果が高いので、通り沿いの目立つ場所に設置すると良いでしょう。どこに設置するのが効果的かというのはそれぞれ違うので、目的を決めたら業者に見てもらうのが一番です。

家の中にカメラを設置するというケースもあります。これは防犯ではなく、留守中のペットや子供、認知症の家族などの安全を確認するための目的です。スマートフォンで映像を見られるタイプのカメラであれば、何かあればすぐに駆けつけることもできます。

参照サイト〈監視カメラの録画サービスを提供している アロバビュー
スマートフォンから映像の確認ができるサービスがあります。